• 保育士の求人を出している保育園が沢山ある

    最近では夫婦共働きの家庭が増えていることもあって、小さな子どもを保育園に預ける人が沢山います。



    昔は結婚して妊娠したら会社を辞める女性が沢山いましたが、最近では結婚して子どもを産んでも会社を辞めずに活躍している女性が増えています。

    労働基準法に妊娠した時の休業や育児休業について定めがあり、会社側も不当に解雇をすることが出来ないことも大きな要因ではあります。



    しかし会社にとってなくてはならないほど有能な女性に辞められたら大変なので、積極的に育児休業を推奨している会社もあります。

    保育士の就職に関する疑問にお答えします。

    ただいくら有能な女性と言っても何年も育児のために休まれてしまったら、会社にとってはプラスよりもマイナス面の方が大きくなります。
    会社は利益を追求するところであって慈善事業でやっている分けではないので、いつまでも子育てをしているからと言って休ませる分けには行かないのです。

    それは育児のために会社を休んでいる女性もよく理解しているので、子どもを保育園に預けて早く社会復帰したいと思っているのです。

    ただ保育士の数が足らずに上手く機能していない保育園も沢山あり、求人を出してもなかなかそれに応えてくれる人が出てこないのです。

    求人を出しても保育士になる人が増えないのは、この仕事が大変な割には給料が安い点にあります。

    そのため保育士の資格を持っていてもこの仕事をしていては生活をしていくことが出来ないので、保育園が求人を出してもそれに応じる人が少ないのです。
    ですから保育士の数を増やすためにも、この仕事に携わる人の給料を上げる必要があります。