• 保育園で採用された場合の準備とは

    保育士として仕事をする場合、保育園に就職することが多いです。


    保育園では保育士不足の影響もあり、比較的採用されやすいですが、採用された後、どのような保育士になるのか、どういったことを目標にやっていくのかしっかりと考えておかないと、現実と違う面が見えて仕事を続けるのが難しく感じるようになります。
    保育園では0歳から6歳までの子供の保育にあたります。

    どの年齢のクラスを受け持つかは年度終わりにならないとわからないことが多いため、事前に年代ごとの発達の特徴や、興味のあることをしっかりと把握しておくことが大切です。

    特に0歳児の場合は、1か月違うだけでも発達状況は全く異なるため、より細かく知っておくようにしましょう。
    自分から子どもと接していかないと子供は心を開こうとしないので、いくつか手遊びなども知っておくと良いです。また、保育士は保護者を相手にする時間も長く、保護者との信頼関係がとても大切になります。



    コミュニケーションを積極的にとっていかないと、家庭での子供の様子を知ることができず、保育にも影響を及ぼすことがあります。
    採用後は人との接し方について、もう一度見直しておくと安心です。



    保育園に採用後はミーティングや保育実習を行います。

    この時は実践に向けてのスタートでもあるので、先輩の先生の話を良く聞き、わからないことはすぐに質問をするようにしましょう。
    来年度に向けて、教材研究やピアノの練習、歌のレパートリーの確認なども行っておくようにします。

    暮らしを豊かにしてくれる保育士の就職の情報をご案内しているサイトです。